顔だけじゃない!脚痩せできる美容ローラーの使い方

      2018/08/31

顔だけじゃない!脚痩せできる美容ローラーの使い方

美容ローラーは顔のマッサージや美容ケア用のアイテムという印象がありますが、実は気になる足痩せにも使用できますよ!
夏は脚を出す機会も多くなる季節、美容ローラーを使用して美脚を手に入れてみませんか?

美容ローラーで脚痩せ効果も!

美容ローラーは顏専用のビューティーアイテムと思い込んでいる方もいるかもしれませんが、実はボディケアにも利用できる万能タイプも多いです。
特にY字ボールタイプの美容ローラーは、揉み出し、しっかりマッサージしてくれる効果があるので、脚のむくみなどがつらい時のマッサージにも活用するのがGood!

脚が太く見える原因は、もちろん太っていて余分な脂肪などがついていると言う場合もありますが、それに加え、リンパの流れが滞って、むくみ、脚が太く見える場合も。
またやっかいなことは、むくみがあるとセルライトの原因になったりしてしまいます。
セルライトは脂肪分が水分を含み、肌の表面がぼこぼことして見えるもの。
特に脚の太もも裏側やお尻などに出来、出来ると通常の運動やダイエットなどでは解消できません。

そんなむくみ予防には、ボディにも利用可能な美容ローラーを使用してしっかりマッサージするのがおすすめです。
エステサロンでマッサージをしてもらっているかのように吸い付くようなきめ細かいローラーの動きで、リンパの流れを促し、むくみを解消する効果があります。
むくみが解消されれば、思っていた以上に脚が軽くなり、またスリムに見えますよ!

美容ローラーで脚痩せ!どうやって使えばよい?

足痩せを意識して美容ローラーを使用するときは、足首から始め、太ももへと上に上がるように使用しましょう。
脚の末端の方に水分が溜まり、むくみがちなので、下から上へ、を心がけて使用しましょう。
ボールタイプのローラーでふくらはぎや太ももをマッサージすると、ローラーの間に皮膚や肉が挟まって痛く感じることがあります。
ローラーを寝かせて転がすと、肉を挟んで痛いので、ローラーはなるべく肌に垂直にあてるように使用しましょう。

特にリンパの流れが滞りがちな脚は入念にマッサージするのがベター。
太ももの裏や内側にはセルライトができやすいので、ヒップラインにかけてしっかりマッサージし、血行を促進することで、足痩せ効果が期待できますよ!

最近はEMS機能付きの美容ローラーもあり、特殊な電気信号を、直接を筋肉に伝えることが出来、意思とは関係なく筋肉を動かすことができます。
普段あまり使っていない筋肉をEMSの力により、鍛えることも出来、よりキュッとしたレッグラインを手に入れることが出来ちゃうかも!

美容ローラーで足痩せ!その方法

美容ローラーで足痩せ効果を得るためには、足元から太ももの付け根に向かって、下から上へと順番に転がすことが重要です。どの部位も、10~15回程度転がしてしてあげてください。特に冷えていたり硬くなっていたりする部分は、強く転がすのではなく、力はそのままで転がす回数を多めにするのがベターです。

  1. 左右均等に体重をかけて、ラクな姿勢で座る。
  2. 足の裏、足の甲、足の側面をローリング。足の甲や側面はローラーが骨に当たって痛みを感じやすいため、力を抜いて特にやさしく小さめに動かす。
  3. アキレス腱を左右から挟むようにして、足首を上下にローリング。女性は足首が凝り固まって足のバランスが崩れている人が多いので、凝りをやさしくほぐすイメージで念入りに行う。
  4. 足首からひざ裏まで、下から上に向かってローリング。すね側も足首からひざまで、下から上にローリング。ローラーが骨に当たらないように。
  5. ひざ裏をプッシュ。足元からすくい上げてきた老廃物を流すイメージで、念入りに行う。
  6. ひざ周りを上下にローリング。ローラーが骨に当たらないように、小さく動かす。
  7. ひざから足の付け根まで、太ももに沿って下から上にローリング。裏側から表側までまんべんなく行う。老廃物を足の付け根に流すイメージで。
  8. 足の付け根をVラインに沿って上下にローリング。
  9. 足の付け根をVラインに沿ってプッシュ。足元からすくい上げてきた老廃物を流すイメージで、念入りに行う。

リンパ節があるひざ裏と足の付け根は、特にケアしたい部分です。他の部分よりはやや強めに、ほどよい痛みを感じる程度の力でプッシュして、老廃物をしっかりと流してあげましょう。

効果をアップさせる方法

脚痩せ効果をできるだけアップさせたいときは、次の方法を試してみてください。

足裏や足の甲からマッサージ

足の裏には美容や健康促進に効くツボがたくさんあります。ツボの位置や名称を覚えなくても、足裏をコロコロマッサージするだけで適度にツボを刺激できます。足裏は皮膚が厚く、挟んでしまう恐れがないので安心です。上下左右、様々な方向に転がしたり、ボールでぐりぐり刺激したりしてみましょう。

次に足の甲をマッサージします。足の甲もリンパの流れをよくすることで、ふくらはぎのむくみ改善につながります。足指の付け根から足首に向かって軽い力で転がしてください。足の指はローラーに巻き込まれると危険なので、指関節に使用するのはNGです。

引き締め効果のあるボディローションを使う

マッサージするときに引き締め効果が期待できるローションを使うと、保湿しながら脚痩せできます。脂肪燃焼やむくみ改善効果のある成分が配合されているボディローションを探してみてください。

美容ローラーを使用するベストタイミング

使用するタイミングにも気をつけると、脚痩せ効果がアップします。

入浴中

肌が温まって血行がよくなっているので、老廃物が流れやすく脂肪燃焼効果も高まっています。肌が濡れており、ボディローションを使わずにマッサージできます。お風呂上がりには水分補給をして、体内に溜まっていた老廃物を排出しましょう。

浴室では、防水加工されていない美容ローラーを使ってしまうと故障してしまいます。防水仕様になっているかどうかを事前にチェックしてください。

お風呂上がり

お風呂上がりは入浴中に引き続き、血行がよくなっているのでマッサージの効果が表れやすいです。防水加工されていない美容ローラーでも使えます。滑りをよくするためボディローションやオイルを必ず使用し、たっぷりつけることがポイントです。

就寝前

就寝前は、時間をかけてゆっくりマッサージできるタイミングです。むくみがひどい方でもじっくりお手入れすれば、脚の疲れやだるさが取れて翌朝はスッキリと引き締まった美脚に近づきます。

脚痩せ効果を上げたい場合は、ホットタオルを脚にのせ、皮膚を柔らかくして血行をよくしておきましょう。リラックスでき、ストレス解消にもつながります。さらに、寝つきの悪い方はハーブティーを飲んだり、アロマディフューザーを使ったりして、心身ともにリラックスできる環境を整えると安眠効果が期待できます。

美容ローラーでセルライトをつぶしてもいいの?

足痩せの大敵、セルライト。セルライトは、足の中でも特に太ももにできやすいですよね。そんなにっくきセルライトは、美容ローラーで撃退しちゃいましょう!先ほどの1~9までのケアの途中にセルライトが気になる部分があれば、ボコボコしたセルライト部分とその周辺を集中的にローリングしてあげてください。このとき注意したいのは、ゴリゴリ強く転がさないこと。
セルライト部分は他の部分と比べて硬い感じがするため力を入れてしまいがちですが、強く刺激するとたるみの原因となってしまうため、セルライトを「つぶす」というよりもセルライトを「軽くつまんで流す」イメージでやさしくマッサージしてあげましょう。セルライト撃退の効果は短期間では出ませんが、数週間~数か月ケアを続けることで効果が見えてくるはずです。

「脚=痩せにくい」はもう古い!美容ローラーで手軽に美脚☆

美容ローラーはフェイスケアだけでなく全身のマッサージに使用できるタイプのものも多くあります。顔まわりの美容ケアだけでなく、体にも利用してボディケアにも役立てちゃいましょう!特に気になる足痩せは、しっかりリンパの流れを促進して、むくみを解消するのが大切です。特にお風呂上りや、お休み前のケアに取り入れるのがおすすめですよ!

管理人が選ぶオススメ美容ローラーランキング

トルネードRFローラー

多くの美容ローラーを試した中で、最終的に管理人が愛用している美容ローラーです。なんといっても一番の特長はEMS。低周波と中周波のEMSが顔の深層表情筋にアプローチ。たるみがちなほほや目もと・口もとのリフトアップ・アンチエイジングを実現します。もちろん全身に使用可能。防水機能もついているのでお風呂でも使える♡ マイクロカレント・EMS・防水と多機能がうれしい美容ローラーです!

リファカラットフェイス

リファカラットフェイス

ネットで話題になっている美容ローラー。菜々緒や賀来千香子も愛用しているんだとか!ソーラーパネルによって発せられるマイクロカレントが美肌に効果的。電源を使わないので手軽なのがポイントで、小顔には効果テキメンですが、お肌のたるみや目元のリフトアップへの効果にはギモンも…??人気なので効果はお墨付きですよ。

スリムセラ

スリムセラ

遠赤外線+マイクロカレントの力で美肌に近づく。30日間返金保証付きなので気軽にお試し可能!ピュアゲルマローラーと同じくスティックタイプの美容ローラーです。お肌のひきしめに特化しているので、美肌効果も期待できます。ただし、あまり小回りのきくデザインではないので、アンチエイジングで気になる目元などには不向きかも…?

 - 美容ローラーの使い方