生理中の美容ローラーはダメ?正しい使用方法とは

   

生理中の美容ローラーはダメ?正しい使用方法とは

美容ローラーは、肌の上をコロコロ転がすだけで気持ちがいいので、毎日のように使いたくなりますよね。しかし、生理中は使ってはいけないと言われています。今回は、生理中に使用できない理由とそれ以外で使用を控えたいケースについて解説します。

生理中に美容ローラーを使用するのはNG!?

生理中はホルモンバランスが変化している時期で、皮膚が敏感になっています。その証拠に、生理前や生理中になると吹き出物ができたり、化粧品があわないと感じたり、肌の変化を感じている方も多いのではないでしょうか。

いつも使っている美容ローラーも、肌が敏感になっているときは刺激となってしまうので、生理中は使用を控えたほうが無難です。

美容ローラーの使用を控えたい時期

生理中以外にも、使用しないほうがいい時期があります。

肌荒れがひどいとき

かさつきや吹き出物など肌荒れがひどいときは、美容ローラーの刺激によって悪化する恐れがあります。とくに、ニキビはつぶしてしまうと雑菌が入ったり治りにくくなったりするので、使用しないでください。

過度な日焼けをしているとき

日焼けをしすぎて肌が赤みや熱を帯びているときは、外的刺激に敏感になっているときです。皮膚炎やアトピーなど皮膚疾患があるときも、美容ローラーの使用を控えましょう。

妊娠中

妊娠中は生理中と同じくホルモンバランスが変化しています。妊娠初期は体調を崩しやすい時期で、今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなることもあります。

体調が悪いとき

体調不良のときは肌のバリア機能や免疫力が低下しています。肌トラブルが起こりやすく、治りにくくなっている時期です。また、ケガをしている部位にも使用してはいけません。

美容ローラーの機能別!使用してはいけないケース

美容ローラーには、微弱な電磁波や電流を流せる機種もあります。これらの機能を使ってはいけないケースについてご紹介します。

ラジオ波

肌をじんわり温めて皮膚を柔らかくしたり、血行をよくしたりするラジオ波は、電磁波の一種です。ペースメーカーを使用している方や心臓病、糖尿病がある方、肌が炎症を起こしている方は使用しないでください。

EMS

微弱な電流を流して筋肉を鍛えるEMS。ペースメーカーを使用している人は、誤作動の危険性があるため使用できません。筋肉だけではなく骨や皮膚にも影響を与えることがあるので、骨が弱い方やお腹がゆるい体質の方も使用NGです。

まとめ

生理中はホルモンバランスの変化により肌が敏感になっており、美容ローラーを使ってしまうと肌トラブルにつながる恐れがあります。肌荒れや妊娠中、体調が悪いときなど、いつもと体の状態が異なるときは使わないほうがいいと覚えておいてください。

管理人が選ぶオススメ美容ローラーランキング

トルネードRFローラー

多くの美容ローラーを試した中で、最終的に管理人が愛用している美容ローラーです。なんといっても一番の特長はEMS。低周波と中周波のEMSが顔の深層表情筋にアプローチ。たるみがちなほほや目もと・口もとのリフトアップ・アンチエイジングを実現します。もちろん全身に使用可能。防水機能もついているのでお風呂でも使える♡ マイクロカレント・EMS・防水と多機能がうれしい美容ローラーです!

リファカラットフェイス

リファカラットフェイス

ネットで話題になっている美容ローラー。菜々緒や賀来千香子も愛用しているんだとか!ソーラーパネルによって発せられるマイクロカレントが美肌に効果的。電源を使わないので手軽なのがポイントで、小顔には効果テキメンですが、お肌のたるみや目元のリフトアップへの効果にはギモンも…??人気なので効果はお墨付きですよ。

スリムセラ

スリムセラ

遠赤外線+マイクロカレントの力で美肌に近づく。30日間返金保証付きなので気軽にお試し可能!ピュアゲルマローラーと同じくスティックタイプの美容ローラーです。お肌のひきしめに特化しているので、美肌効果も期待できます。ただし、あまり小回りのきくデザインではないので、アンチエイジングで気になる目元などには不向きかも…?

 - 美容ローラーの豆知識