日焼け後のケアってどうしてる?美容ローラーは使ってもいいの?

   

日焼け後のケアってどうしてる?美容ローラーは使ってもいいの?

日焼け止めをしっかり塗っても、長時間外にいるとうっかり日焼けしてしまうことってありますよね。日焼けした肌はしっかりアフターケアすると、肌トラブルを未然に防げます。
今回は日焼け肌のケア方法について解説し、美容ローラーを使ってもいいかどうかについてもお答えします。

日焼け後のケア方法

紫外線をたっぷり浴びてしまった日は、家に帰ったらすぐにお手入れを始めましょう。

①肌の冷却

肌が熱を持っていたり赤くなったりしている場合は、すぐに冷却します。冷たい水に浸して固く絞ったタオルまたは保冷剤を患部にあて、熱と赤みが引くまで様子を見てください。保冷材は直接肌にあてると冷たすぎるため、タオルにくるんで使用します。

②保湿

火照りが落ち着いたら、化粧水やボディローションで保湿しましょう。日焼け肌は刺激に敏感になっていることが多いので、アルコールの入っていない敏感肌用アイテムがベストです。

ヒアルロン酸やプラセンタなど保湿成分が配合されているアイテムが良く、いつもの2~3倍の量を手に取ってしっかりつけてください。コットンでのパッティングは控え、手のひらでハンドプレスしてなじませます。

③水分補給

保湿が終わったら、水分補給をして体の内側から肌を潤します。長時間紫外線を浴びた体は、汗をかいて水分不足に陥っていることが多いので、水またはスポーツドリンクを摂取してください。

日焼けした肌に美容ローラーは使ってもいい?

熱や赤みが引き、肌がいつも通りの状態に戻ったら美容ローラーを使用してもかまいません。ただし、大量の紫外線を浴びて刺激に敏感になっている可能性もあるので、力を入れずに優しく転がします。

日焼けによって皮がむけている場合は、使用を控えましょう。皮がむけるのは、古い角質が剥がれて新しい細胞に生まれ変わっている証拠ですが、むりやり剥がしてしまうと皮膚を傷めてしまいます。美容ローラーを転がすときに皮を巻き込んでしまうことがあるので、症状が落ち着いてから使用を再開させてください。

かゆみや水ぶくれが残ってしまった肌は、美容ローラーを使ってしまうと摩擦によって悪化するリスクがあります。肌がいつもと違う状態なら症状が治まるのを待ち、なかなか良くならない場合は皮膚科に相談しましょう。

まとめ

美容ローラーは肌トラブルのない肌に使うことが鉄則です。日焼けによる赤みやかゆみ、皮むけがあるときは使用を控え、肌がいつも通りの状態に戻ってから使ってください。

管理人が選ぶオススメ美容ローラーランキング

トルネードRFローラー

多くの美容ローラーを試した中で、最終的に管理人が愛用している美容ローラーです。なんといっても一番の特長はEMS。低周波と中周波のEMSが顔の深層表情筋にアプローチ。たるみがちなほほや目もと・口もとのリフトアップ・アンチエイジングを実現します。もちろん全身に使用可能。防水機能もついているのでお風呂でも使える♡ マイクロカレント・EMS・防水と多機能がうれしい美容ローラーです!

リファカラットフェイス

リファカラットフェイス

ネットで話題になっている美容ローラー。菜々緒や賀来千香子も愛用しているんだとか!ソーラーパネルによって発せられるマイクロカレントが美肌に効果的。電源を使わないので手軽なのがポイントで、小顔には効果テキメンですが、お肌のたるみや目元のリフトアップへの効果にはギモンも…??人気なので効果はお墨付きですよ。

スリムセラ

スリムセラ

遠赤外線+マイクロカレントの力で美肌に近づく。30日間返金保証付きなので気軽にお試し可能!ピュアゲルマローラーと同じくスティックタイプの美容ローラーです。お肌のひきしめに特化しているので、美肌効果も期待できます。ただし、あまり小回りのきくデザインではないので、アンチエイジングで気になる目元などには不向きかも…?

 - 美容ローラーの豆知識